環境への取り組み

「省エネルギー」、「省資源」と「汚染の予防」への取り組みを推進し、事業プロセスにおける環境負荷の低減を図っています。環境活動に関わり、環境意識を高め、直面する環境への影響を定期的に評価し、継続的改善を図りながら環境保全活動に取り組んでいます。

TCFD提言に基づく情報開示

気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD: Task Force on Climate-related Financial Disclosures)は、金融安定理事会(FSB)により設置されたタスクフォースで、気候変動がもたらすリスク及び機会について、企業が把握、開示することを推奨する提言を、2017年6月に発表しました。当社は、気候変動が事業にもたらすリスクや機会についての分析と対応を一層強化し、情報開示を進めてまいります。

ガバナンス 戦略 (coming soon) リスク管理 (coming soon) 指標と目標 (coming soon)

ガバナンス

サステナビリティに関するガバナンス体制については、取締役会監督の下、サステナビリティ・コミッティを設置しております。取締役会は、サステナビリティ・コミッティより課題について報告を受け、対応について協議し、管理・監督を行っております。
また、サステナビリティ・コミッティで審議する課題の抽出や取組みを推進する機関として、各種委員会を設置しております。その中でもSDGs経営を推進する機関として設立されたSDGs推進委員会では、重要課題(マテリアリティ)に沿った中期目標を策定・推進をしている他、「再エネ100宣言 RE Action」の参画・取組みの推進も行っております。

サステナビリティ推進体制

サステナビリティ推進体制

取締役会

サステナビリティ・コミッティより定期的に報告を受け、管理・監督を行っている。

サステナビリティ・コミッティ

サステナビリティに関する課題や取組みの推進状況を各種委員会より報告を受け、協議しサステナビリティ担当役員が決定する諮問機関。

各種委員会

サステナビリティ・コミッティで審議する課題の抽出や取組みを推進する機関。