ガバナンスへの取り組み

経営の高い透明性・公正性を確保し、社会的に責任ある行動をとり続けていくために、企業統治、法令遵守、リスク管理の充実に努めています。

コーポレート・ガバナンス

当社は、「人をつなぐ、価値をつなぐ」という理念ステートメントのもと、安心で快適な社会の実現に貢献することで、全てのステークホルダーの皆様との信頼の絆を深め、継続的な企業価値の向上を図りたいと考えています。そのための基本方針として、コーポレート・ガバナンスの継続的強化を経営上の重要課題であると認識しています。監査役(監査役会)設置会社として監査役会からの監視に加えて、複数の独立社外取締役・監査役を選任し、また取締役会の任意の諮問機関として独立役員の構成比を過半数とした委員で構成される指名・報酬委員会及びガバナンス委員会を設置するなどにより、経営の監督機能を強化しています。
さらに、内部監査部、内部統制委員会による組織的な内部牽制機能の強化も図っています。また、株主の権利・平等性が実質的に確保されるよう適切な対応を行うとともに、適時・適切な情報開示や投資家の皆様との対話の充実に努めています。以上を当社のコーポレート・ガバナンスに関する考え方及び基本方針とし、実効性のあるコーポレート・ガバナンス体制の構築に努めます。

コネクシオのガバナンス体制

各委員会の構成

2021年9月30日現在

スキルマトリックス

2021年9月30日現在

※ 上記一覧表は各取締役及び監査役の全ての専門性や経験を表すものではありません。